エラスチンできちんとケアしてライバル達に差を付けましょう

エラスチンでライバル達に差を付けましょう

 

エラスチンは、コラーゲン、ヒアルロン酸と並ぶ 美肌3大成分
ところが20歳から減り始め、
40歳で肌の中からはほとんどなくなり、
分子量が大きいため食べ物からも補えないので、
「一度失ったら二度と補えない」
と思われていました。

オーガランド のエラスチンは、
吸収され易くするために成分を低分子化する事に成功。
あなたの肌、そしてあなた自身も本来の素肌を取り戻し
人生さえも変えてしまうものかもしれません。

エラスチンはコラーゲンをしっかり束ね支える役割の大事な成分です。
悲しい事に、エラスチンは40歳を境にほとんど体内で作られなくなります。
それが年齢肌の原因でした。

もしあなたが、コラーゲンをいくら補っても、それをつなぎとめるエラスチンがなければ、

あるがままの肌を取戻すのは不可能なのです。

失ったエラスチンを補うというシンプルなケア。
先に使用したお客様からまるで手術なしのプチ整形とも言われるほど。
あの頃の肌を感じていただけるものです。

↓↓例えばこんな口コミも聞かれます。↓↓

本来の自分を思い出しました!

出産を経て、子育てに無我夢中。
ふと、鏡の中の私をみて思う、
肌も体形もすっかり変化し、
「幸せだけれど、女性としてはもう終わってしまったかな…」
と。
ところが、、
エラスチンを摂り始めしばらくしたころ
最近肌キレイになったよねとか
なんか色気がある
なんて言われるようになったんです。
50過ぎですよ
でも嬉しかったです
忘れていた本来の「女性の喜び」
エラスチンが思い出させてくれました

残念な事に、

エラスチンの生成には時間がかかります。
壊れたらなかなか元に戻らないエラスチン。

肌の入れ替わりによって新しく作られるのを待つしかありません。

加齢によって新陳代謝は衰えます。

真皮の中のエラスチンの含有量というのはほぼ20代をピークに減少していきます。

さらに、コラーゲンに比べてエラスチンは新陳代謝するのが9倍以上時間がかかるという研究もあります。

プリプリの肌に戻すには中からのケアが大事です。

一ヶ月分を100円で試してみる
↓↓まずはクリック↓↓

エラスチンはなぜ減少してしまうのでしょうか?

 

エラスチンは加齢、特に紫外線によって壊されてしまいます。
紫外線によって、エラスチンを破壊するエラスターゼ等の酵素が活性化するのが原因です。例として、
農家のしわしわのおばあちゃんの肌。
ドライバーさん。特に太陽が当たっている方の顔半分だけにしわができる場合があります。

まとめるとエラスチンは

* 壊れたら元通りにはならない
* 生成されるのが遅いので入れ替わりが遅い
* 破壊されやすい

エラスチンはデリケート。
紫外線には気をつけて肌をケアしなければなりませんし。
そところが、
大切にケアした場合は無関心な人よりもはるかに恵みを受けられることに。
きちんとケアしてライバル達に差を付けましょう。
↓↓クリック↓↓